クレジットカードの解約方法について

- クレジットカードの解約方法について

クレジットカードの解約方法について

カードを解約するのは実に簡単です

身分証明書を用意する、代金引き落とし用の銀行口座を用意する、必要事項を記入した書類を送るなど、クレジットカードを申し込む時にすることは色々あります。
では、クレジットカードを解約する時には、いったい何を用意してどこに連絡すればいいのでしょうか。
実はこの解約手続き、驚くほど簡単です。
基本的には電話1本かければ、それでカードを解約することが出来ます。
ただし、これは「基本的に」であって、実際にはもう少し複雑なやり取りがあります。
その具体的なやりとりについて、これからご紹介します。

電話を1本かければカードを解約することが出来ます

7ur6yjmdtg
カード解約の際、まずするべきことは、そのカードの問い合わせ先を知ることです。
もしカードの申込書類などが残っていたなら、それをみれば問い合わせ先がわかりますが、なければネットで検索するのがてっとり早いです。
そこで問い合わせ先の電話番号を見て、後はそこに電話をかけるだけです。
この時、解約するカードを手元に置いておくとよいでしょう。
後は、カード番号と氏名を述べた後、解約の意思を伝えればそれで終わりです。
この時、申込者本人の生年月日や住所などの個人情報と、なぜ解約するのかという動機を聞かれることが多いですが、(動機については聞かれないこともあります)それを伝えれば、手続きは終了となります。

解約の際に気をつけるべきこと

このように、カードの解約自体は簡単に出来ますが、その際に気をつけるべきことがいくつかあります。
それは、カード解約と同時にポイントが失効して使えなくなることと、そのカードを再度手に入れるのが少し難しくなること(言いかえると審査難易度が少し上がるということ)です。
前者は、解約する前にカードのポイントを全部使ってしまえば解決する問題ですが、後者は少しやっかいな問題です。
なので、まだそのカードに未練がある場合は、すぐに解約しない方がいいでしょう。
クレジットカードのメリットには注目したいところですが、気をつけるべきポイントは知っておきましょう。

解約のメリット

カードを解約すると、そのカードを再度入手するのが少しだけ難しくなります。
それでもいらないカードは解約しておいたほうがいいです。
なぜなら、解約を進めることで、カードが管理しやすくなるからです。
少し考えれば分かることですが、5枚、10枚もカードを管理するのは大変です。
それだけたくさんのカードを常にチェックしておくわけにはいきませんし、かといってチェックしないと、紛失、悪用の危険性が増大します。
ですので、管理しきれないほどの(仮に1枚なくなっても気がつかないほどの)カードを持っている人は、一度整理、解約を進めてみるといいでしょう。

▲PAGE TOP

Copyright(C)2016現金がすぐ必要になった時に便利!クレジットカード現金化を使おう!All Rights Reserved.